So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

「スーサイド・スクワッド」 [上映中飲食禁止じゃ!]

もっと下品ではしたない映画だと期待していたが、
意外と真面目な作りで少々肩透かしをくらってしまった...[ふらふら]
 
SSbar.jpg
 
いきなり、アニマルズ「朝日のあたる家」のギターが響き渡り、否応なしに気分が盛り上がる[るんるん] 
 

世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。(シネマトゥデイより)

アメコミの熱烈なるファンではないので、冒頭の『スーパーマン亡き後の世界に〜」という設定に???と、バットマンが登場し、犯罪者を逮捕していく場面が描かれ、更に??? う〜ん難解だ[ふらふら] 今春公開「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」未見につき〜
要するに、スーパーマンとバットマンは同世界・同時代に生きていた正義の味方であり、「アベンジャーズ」のヒーロー達とは別世界なのだと、理解するのに少々お時間が...[あせあせ(飛び散る汗)] 後から知ったのだが、DCコミックスとマーベル・コミックという出版社の違いが、そのまま映画の世界に繋がっているわけなのだ。
 
そしてDCコミック系の今作は、正義の味方不在の時代、バットマンらの敵役達が世界を救う逆転の発想の物語である。
そういう設定であるから、悪役のキャスティングは、濃いめの俳優陣だ。
 
suicide-squad-assembled.jpg  
しかし、実は全員、いい性格の奴ばかりなのだ。
 
明確な主役は存在しない。悪の道に染まった登場人物達は、各々の暗い過去を引きずっており、劇中でそれが明らかにされていく。観客の一人一人は、お気に入りを決めて感情移入すれば良いのである。悪役陣への光の当て方がバランス重視の演出な為、逆に映画全体の抑揚の弱さにも繋がっているのも事実だが...
 
ウィル・スミスは、この手の配役はベストマッチだ。正義感の強い家族思いの悪党を演らせたら、彼の右に出る者はいないと思わせるメリハリの効いた演技で、ストーリーの流れを作った。
 
 3099020-suicide_squad_will_smith_2.jpg

そして、男性諸氏の視線を釘付け〜ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー
このチョイとムチムチ系ブロンド美人は、小生のツボでもあります[どんっ(衝撃)] 
 
margot12_11082016_insta.jpg 
 
イかれる以前のインテリ女医の姿も良かった。
初見は、隠れたラブ・ファンタジーの名作「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」での主人公の初恋相手役だったが、知らぬ間に芸風が広がっていてびっくり[がく~(落胆した顔)]
 
 「アバウト・タイム(2013年)」
maxresdefault.jpg
 
 [キスマーク]素顔も堪りません[キスマーク]
 Margot-Robbie-hairstyle-idea-6-.jpg
 「ターザン」を見逃した...反省[ダッシュ(走り出すさま)]
 
ジョーカー役は、まともな俳優には出来ない。
過去作でのジャック・ニコルソン、キース・レジャーの怪演は、映画史に残るものだが、今作はジャレッド・レトだ。「ダラス・バイヤーズ・クラブ」でのエイズに冒されたトランスジェンダー役に匹敵する鬼気迫る演技[どんっ(衝撃)] ハーレイ・クインと恋人同士の設定で、また新しい「ジョーカー像」を示してくれた。
 
 image121-750x400.jpg
 
da34ec05576153b4d54e9928abfe18bd.jpg 
オスカー受賞も頷けた[exclamation]
 
さらに...
怪力クロコダイル兄さん、ぬいぐるみフェチのブーメラン男、内気な火の玉おじさん、と個性豊かな悪党集団を、魔女に取り憑かれた女性学者に府抜けにされた隊長さんが率いて、謎の人類の敵に立ち向かうストーリーだ。
 
俳優陣の好演と圧倒的な戦闘シーン、それらを盛り上げる往年のロック・ミュージックの数々。これらと比較すると、脚本・演出が弱い、弱すぎる。先が読めてしまう展開、キャラを個々に説明しすぎて、彼らの魅力も分散。「スーサイド・スクワッド」=「自殺部隊」とネーミングしている位だから、もっと彼らの「狂気」「キチガイぶり」を描かないと、死地に向かう戦闘の説得力、要するに盛り上がりに欠ける。隊長の涙にほだされて戦うなんて、青春TVドラマで不良学生が先生の真心に触れて改心するのと同じレベルだ。
 
元々濃すぎる悪役達を魅力的に実写化するには、映倫G(一般向き)の制約では無理があったようだ。トコトン下品に無軌道に行動し、「死ぬのも一興」の遊び心で戦って欲しかったな。残酷シーンもエロチック描写も皆無(マーゴットの見えないお着替えシーンくらいでは物足りない[ダッシュ(走り出すさま)])〜不完全燃焼である〜
潔くR15+で行くべし[むかっ(怒り)] 
 
キック・アス(2010)」のように「お下品」と「シビア」を極端に描き、ストーリーの振幅を大きくするか、「ダークナイト(2008)」並みに胸が張り裂ける位のシリアスさを追求しないと、大人も楽しめるアメコミ映画にはならない。
 
俳優陣が素晴らしいだけに、少々残念な作品であった。
 
[るんるん]音楽はいいですよ[るんるん] 
 
 
◎オマケ
 
どうしてもマーゴット・ロビーに目を奪われがちだが、こちらのブロンドも個人的にはお気に入りですがな[わーい(嬉しい顔)]
 
カーラ・デルヴィーニュ・・・ロンドン生まれの24歳。ファッションモデルから女優業に転身中。
 
エンチャントレス/ジューン博士
Character-Promos-Cara-Delevingne-as-Enchantress-suicide-squad-39678977-334-500.jpg 
 
 その正体は...
rs_560x353-150121154151-1024.cara-delevingne-john-hardy5.jpg
 
cara-delevingne-in-bed-for-telegraph-magazine_9.jpg
 
 性格キツそうだがいい娘です[キスマーク]
 
 

nice!(42)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

BUONO!新曲 [〜ロックの神さん〜]

嫁さんに笑われようが、蔑まされようが、このアイドル・ユニットだけは、トコトン応援するのです[パンチ][パンチ][パンチ]
 
昨年のBerryz工房の無期限活動停止、先月の℃-uteの突然の解散発表...個人的には、ほとんど関心は無いのだが、この二つのグループから選抜されたメンバーで構成されたロックアイドル系ユニット「Buono!」の活動まで空中分解に陥っていた事が永らく気掛かりだった。
 
8月25日のハロプロイベントにおいてBuono!の復活単独LIVEが予定されていたのを知り、オッチャン独りでも武道館に参戦するつもりだったが、チケットはSOLD OUT、月末業務も重なり、泣く泣く諦める事となった。
 
だが、この復活LIVEに合わせて、グループとしてはなんと4年ぶりの新作発表がなされたのだぁ[わーい(嬉しい顔)]
 
9月21日の正式発売に先駆けて、ネット上でMVが最近アップされた。
永らく待たされたが、チョット大人のオンナに成長した3人(嗣永桃子・夏焼雅・鈴木愛理)が織りなすボーノ・サウンドに、小生は涙・涙なのです[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]
 
『ロックの聖地』
 
 
2008年デビューアルバムに収められた名曲「ロックの神様」のアンサーソングとして制作されたのだが、過去のBuonoヒット曲のサビを随所に取り込んだ構成と、変わらぬ彼女達の3人3様のヴォーカルの魅力に懐かしさが募る。プロデューサー兼ギタリストの西川進は小生と同年代。ギター音やビート感には、7〜80年代ブリティッシュ・ロックの香りが立ち込め、元ロック小僧は堪りません[るんるん]
 
シングルカットされるであろう、もう1曲もいいねぇ〜[黒ハート]
『ソラシド〜ねえねえ〜』 
 
 
初期Buono!時代を彷彿させる爽やかアイドル・ロック風です[ぴかぴか(新しい)]
往年の洋楽ロックをパクりまくりなのは、ハロプロお得意なのだが、今回はクリーム「Sunshine of Your Love」で来るとは、笑ってしまう[わーい(嬉しい顔)] 前曲同様にギターが効いている。カッティングもソロもお気に入りパターンだ。
そして何よりも、元々アイドルレベルでは格段に歌が巧い3人だが、よ〜く聴くと更に進化しているではないか[exclamation×2]
 
努力のももち、表現力の雅、天性の愛理。全員、「Rock」を歌えるようになっている。完全に少女もrockin' roll Ladyに成長したのだ。
特に、鈴木愛理の音感は凄い。自分の音域も分からない癖に、ぶっつけ本番でハモりもシャウトも軽々こなす。
 
 愛理のレコーディング風景を...いいねぇ、天然娘[揺れるハート]
 
 
ももちは、ハロプロ内の「カントリーガールズ」のプレイングマネージャー?となり死ぬまでアイドル宣言、歌手意向の強いは完全にソロ活動へ、℃-ute解散により今後の去就が注目される愛理
今後も3人別々の道を歩むのだろうが、不定期での「Buono!復活」は繰り返されそうな雲行きだ。ハロプロの拝金主義に振り回されるのは非常に鼻持ちならないのだが、彼女達の大人からの成長を見続けたいし、応援したい。後にも先にも、これほどのアイドル・ユニットは登場しないのだから。《いつかまたやろうぜ、この3人で》「ロックの聖地」の歌詞通り婆さんになるまで歌い踊り続けて欲しい〜小生も灰になるまでつきあうから[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]
 
では... 
 Buono!の真骨頂は女性バックバンド・DolceとのLIVEだ[exclamation×2]
結成2年目2010年の映像から名曲「ロックの神様」
 見よ[目]口パク無しの本気ライブに挑む高校生3人の勇姿を[どんっ(衝撃)]
 
 それにしても、みんなまだ幼いけど完全プロだわ[がく~(落胆した顔)]
 
◎おまけ
冒頭で℃-uteには関心無しと書いたが、この1曲だけはお気に入りなのです。いかにも「つんく」らしい曲だが、オープニングのジミヘンぽいギターカッティングが心地よい。やはり愛理と中島舞美のヴォーカルが肝ですね。歌とダンスが同化したハロプロ名曲のひとつだ[exclamation×2] 
何気に、愛理の腰のフリがナンバーワンだし[あせあせ(飛び散る汗)]
 
『Dance でバコーン!』
 
 

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の2件 | -