So-net無料ブログ作成

第1回すみだストリートJAZZフェスティバル [ざれごと写真日記]

logo.jpg

に、2日間に亘り、行ってきました。


 地味が取り柄のわが町、墨田区にしては珍しいイベントです。
お隣の浅草を抱える台東区に、下町ブーム再来で“活気”という面では大きく差を付けられていたが、スカイツリー建築に余勢を駆り、眠れる墨田区もついに動き出したか?

 JAZZ自体は、学生時代に「新宿・ピットイン」に通いつめた程、嵌った時期もあり、久々に生で聴きたい衝動に駆られていた。錦糸町界隈のいたる処で生演奏が行われ、最終日のトリはなんと日野皓正という企画。もちろん無料である。地元区民として行かない訳がない。

 いつもの見慣れた路上やビルの片隅で、プロ・アマを問わず、熱演が繰り広げられていた。2日間で約200グループの演奏者〜ギャラ無し、運営はすべてボランティアの方々で成り立っているらしい。私の記憶する処では、墨田区史上最大のイベントである。

 両日とも、夕方近くにマッタリと出掛けたので、どうしても、つまみ喰いならぬ、つまみ聴きにはなってしまうが、致し方ない。が、十分楽しめました。

早大モダンジャズ研究会(結構、上手いです〜)
早大.jpg



















栗田洋輔クインテット(やはり、プロは違う!)
栗田.jpg













レゲエinすみだジャズ(ノリノリ!アンコールのボブ・マーリー良かった。)
レゲエINすみだ.jpg















佐藤浩一クインテット(メロディアスなオリジナルが良かった。)
佐藤浩一.jpg












THE ZIRCONS(素敵なアカペラ)
ZIRCONS.jpg














大橋美加+島津健一(やはり、ビッグネームは冷房完備のホテルで)
大橋美加.jpg















               TANGO DOLCE(素敵なタンゴ、ハーモニカの柳川さん可愛い)
TANGO DOLCE.jpg











                奄美民謡武下流東京同好会(島唄聴きながら焼きそばを食す)
奄美民謡.jpg














Red Pellini Quintet(バリトンsaxとフルートの見事な掛け合い、swingしてました!)
Red Pellini.jpg











18時近くなり、日野皓正が出演するメイン会場に移動しようと歩いていると・・・激しいビートと荒れ狂うsaxの雄叫びが聞こえてきた!
今回の最大の収穫というか、「最高の出会い」があった。

横田寛之トリオ
横田寛之.jpg


















固めの私好みのベース音が地を這う!(しかも結構イケメンです。)
なんと1タム2シンバル・カホンのセットで縦横無尽のビートを叩き出すドラム!
美しい旋律を歌い上げたと思いきや狂ったような咆哮をあげるalto sax!

swing感とspeed感が絶妙の上、とにかく全員巧くて熱い。ROCKの香りも包含しつつ、まさしくこの感性は、『銀巴里時代』から脈々と続く“日本のJAZZ”の新しい型なのかも。

若き3人が繰り出す熱きサウンドに、「ピットイン」時代の想いが蘇る。

「いやぁ〜、こんな気持ちいい生音は久しぶりだぁ!!!」

予定の時刻は過ぎてるようだが、最期に2曲「lovin' you」「ルパン3世のテーマ」。
大喝采を浴び、3人は引き上げて行った。
デビューアルバムをリリースしたばかりらしい。今後の活躍に期待すると共に、ライブには必ず足を運ぶつもりだ。本当に素晴しい出会いであった。 
表参道ワンピース(デビューアルバム)

最期に満員のメイン会場へ。20年ぶり位の日野皓正のライブだ。
日野.jpg












70歳近くなっても、この音!

やっぱり、JAZZって素晴しい!

たくさんのミュージシャン、ボランティアの皆様、お疲れさまでした。初めての試みで、大変な事も多かったと思います。来年の第2回は、更に盛り上げていきたいですね。
私も地元区民として、応援を続けていきます!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。