So-net無料ブログ作成

「乾山晩愁」葉室麟 [〜老眼はつらい〜]

最近、日本の古美術がマイ・リバイバル・ブームみたいである。

乾山晩愁 (角川文庫)

乾山晩愁 (角川文庫)

  • 作者: 葉室 麟
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/12/25
  • メディア: 文庫
日本の絵師5人にまつわる短編集。

1)乾山晩愁〜尾形乾山
2)永徳翔天〜狩野永徳
3)等伯慕影〜長谷川等伯
4)雪信花匂〜清原雪信
5)一蝶幻景〜英一蝶

各々の芸術家の生き様を、史実に基づきつつ、味わい深い文体で描いた小説である。

美術展巡りはひとつの趣味ではあるが、絵画の道にさほど詳しい訳ではない。
「心動かせられるものとの出会いを求めている」と、言った方が正しいかもしれない。

かろうじて名前だけでもを知っていたのは、狩野永徳と長谷川等伯。残る3人の名は、初めて知った。
短編から「人となり」が想像されると、どうしてもその作品も見てみたくなる。私にとっては無名の3人をご紹介。

尾形乾山  「おがたかんざん」と読んだ時点で、日本美術を語る資格は無いらしい。「おがたけんざん」と読む。実兄が、私でも知っている「尾形光琳」
b0006897_17175581.jpg

←(風神雷神図)で有名な巨匠である。

その偉大な兄の影で、愚直なまでに己の作品を作り続けた陶芸家である。弟が器を焼き、兄が絵付けをした初期の名品が多く残されている。小説では、兄・光琳が没した年、乾山54歳からの後年を描いている。兄との回想場面から、兄弟の静かなる確執・美意識の違いが窺えて興味深い。
光琳「絵に情なんかいらん、美しかったらええんや。世の中の義理やら情に足すくわれたら宗達(俵屋宗達)はんのような絵は描けんで」
乾山「わしは鈍やさかい、道を見つけ出すのに時間がかかる。兄は光輝く光琳やったが、わしは乾いた山や、このままでは花も咲かんがな」

今風で言うと「下手うま」かもしれません。
乾山「わしは書には自信があるが、絵では兄さんにおよばん。素人同然や
されど、溢れ出る感性が、足らない技術を凌駕する!
t02200199_0650058810432579179.jpg
ph_10.jpg











70歳を過ぎてから江戸に下った乾山は、晩年は絵筆をとることが多くなった。
小説にも登場する「花籠図」
hanakago.jpg


(兄さんにとって絵を描くことは苦行やった。この世の愁いと闘ったのや。そうしてできたのが、はなやかで美しい光琳画や。わしは、愁いを忘れて脱け出ることにした。それが乾山の絵や)


「花といへは千種なからにあたならぬ 
            色香にうつる野辺の露かな」





享年81歳。
自己の境地をとことん追求して止まなかった孤高の芸術家である。



e7be8ee6898be5b8b3efbc92.jpg
e7be8ee6898be5b8b3efbc912.jpg
(乾山に関する楽しいコラムを見つけた)









清原雪信 「きよはらゆきのぶ」五編の中で唯一、登場する狩野派の女絵師。という事で狩野派のお勉強。
kanoh_family.gif


















狩野探幽の弟子・久隅守景の娘「雪」が雪信である。
探幽の直弟子となり、閨秀画家としての頭角を現し始めた矢先、同門の男性と駆け落ち。破門されたが、その後京都に上り、町絵師として活躍する。
井原西鶴の「好色一代男」に「白繻子の袷に狩野の雪信に秋の野を書かせ、」と書かれている。

5つの短編の中では一番好きだ。成長する女絵師の姿を、当時の江戸狩野派の本家争いを背景にして活き活きと描いている。売れっ子絵師の地位をかなぐり捨てて、同門・守清の元に走る雪信と、その妹を必死で守る兄・彦十郎。「情たっぷり」の洒落た短編である。

彼女の作品は、瀟酒かつ優雅。要するに(くどくなくて、おしゃれ)(キューティー&エレガント)若き日のオードリー・ヘップバーンみたいな女性だったのかな?
274nonomiya-L800.jpg
SC947.fpx&obj=iip,1.0&wid=400&cvt=jpeg.jpg




















最後に
英一蝶 「はやぶさいっちょう」と読む。本名・多賀朝湖。狩野安信の元に入門するも、放蕩生活により破門。吉原通いで遊びつつ、自ら太鼓持ちとして旦那衆から小銭を稼ぐ気侭な暮らし。風俗画を描きながら、俳諧にも親しみ、幅広い交友関係を持っていたと云う。ついに、遊びが過ぎて、三宅島に12年間流罪になる。江戸に戻り、「英一蝶」と名乗り、町絵師としての名声を築く事となる。

朝湖と大奥上臈・右衛門佐との儚い恋がいい。大奥内の権力争いに巻き込まれながら、身分を超えて惹かれ合う二人。流罪の原因も小説内では、この権力闘争が遠く関係していると書かれている。ひもじい配流生活の中で、初めて「絵を描く事は、生きる事そのものだ」実感する朝湖。江戸に戻った彼は、島流しに挫けなかった絵師として、もてはやされる事になった云う。
興味深いのは、前章の久隅彦十郎(清信の兄)が登場したり、一章・乾山晩愁で語られた「赤穂浪士討ち入り」の原因が実は、朝湖が
右衛門佐に託した秘策だったり・・・ばらばらのはずの五編の短編が、実は繋がっているという仕掛けも、おつなものである。

流罪の原因とされた「朝妻舟図」
a01-h001.jpg













「布晒舞図」
20090920211123.jpg



             









彼の交友関係の中で、俳諧師「宝井其角(たからいきかく)」が登場してびっくり。我が街の鎮守「三囲神社」にある石碑に刻まれている俳諧が、そのまま引用されていた。

日本美術歴史の勉強と通り過ぎていた隠れた名匠との出会い。これだけでも有難いのに、静謐な文体で綴った芸術家達の「それぞれの闘い」。名作だと思う。

人気ブログランキングへ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。