So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイレゾで聴く「キース・ジャレット」の衝撃 [素人の扉〜Jazz&Classic〜]

ソロ・ピアノは苦手な部類だ。
 
クラシック・ジャズに関わらず名盤と呼ばれる作品でも、アルバム1枚を最後まで集中して聴くのは、私にとっては至難の技である。ピアノの旋律は大好きだが、音譜解読不可、絶対音感ゼロの小生は、この楽器の奥深さを理解するほど、高度な音楽経験は持ち合わせてなかった。5、6分の小作品のみならまだしも、1時間近くの作品を通して、その良し悪しを語るなぞ所詮、無理な注文ではあるのだが・・・
 
しかし、高校生時代に出会ったこのアルバムだけは別格なのである。
 
ザ・ケルン・コンサート

ザ・ケルン・コンサート

  • アーティスト: キース・ジャレット
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/04/23
  • メディア: CD
 
キース.ジャレットのソロ・ライブ。
理屈抜き[exclamation×2]何故か心が洗われ、自然と涙が溢れ出た[もうやだ~(悲しい顔)] 
 
後日談によれば、最悪の体調の中、予定の器材も届かず、質素なピアノにて強行されたコンサートだったと言われている。その劣悪な環境下で、キースは自己の魂の表現を即興で鍵盤に綴っていくのである。そこから放たれる音の雫は、天空の煌めく雨だれとなってライン川に注ぎ、時に穏やかに、時に濁流の如く荒れ狂い、大海に飲み込まれて行くのである。
こんな美しいメロディーを、アドリブでどうしていきなり弾けるのか?信じ難かった。 
そして、ピアノが鍵盤楽器と呼ばれると同時に、弦楽器であり打楽器でもある事を、初めて実体験した。 
なによりも、「響き」が唯一無比。
 
当時の最高級カセット「フェリクローム・テープ」で録音し、就寝時に毎晩のようにラジカセ・ヘッドフォンで聴いていたものだった。今でも、曲の進行・一音一音、アルバム1枚分すべてが脳裏に焼きついている。
 
前置きが長くなったが、先日、とある音楽雑誌で「ハイレゾ音源でケルン・コンサートを聴いて涙した」というコラムを見つけた。
音響理論にも疎い小生であるが「ハイレゾ」というのが、CDには収まらない帯域の音源がNET配信された今の流行物というのは何となく知っていた。あの「ケルン・コンサート」をマスターテープ並みの美しい音で聴けるという妄想に捕われた私は、たいした予備知識も無く飛びついたのだった。
 
まず、HDtrackshttps://www.hdtracks.com)という配信サイトへアクセス。当然、英語表記なのだが、なんとか会員登録。お目当てのアルバムを探すと、すぐに見つかった。
『Keith Jarrett koln concert 96kHz/24bit』 $17.98
買物カートに入れ、精算ボタンを押すと、PayPalに飛ばされるが、ここは焦らずにPayPalも会員登録完了させる。すると音源ダウンロード画面にチェンジ。「プッシュ」〜「落ちた〜[exclamation×2]
 
こうして手に入ったハイレゾ音源なのだが、PCのヘッドフォンで聴いている限りでは、その本領は発揮されない。
しかし、私のPCはデスクトップ型MACなので、リビングに鎮座するオーディオ機器まで持っていけない。それ以前に、私の超アナログなアンプにはUSB入力なんぞ無いし、本格的には「DAC」なる別機器を購入せねばならないらしい。
極力、出費は避けたい小生は『困った』[ふらふら] 
 
この音源をCDに焼いても、CDレベルの音質に劣化するだけらしい。
そこで思いついた。私のCD兼DVDプレイヤーはユニバーサル・プレイヤーなので、今では絶滅寸前のDVDオーディオも再生できるのであった[ひらめき]
詳しくは解らんがCDは44.1Khz/16bitが限界で、DVDなら192Khz/24bitまでいけるらしい。(理屈は???)
 
そこでMACの最強音声編集フリーソフト『Audacity』で、ダウンロードしたflacなるファイルをwavに変換し、更にMACの最強DVD作成フリーソフト『Burn』でDVD-Rに焼いてみる事に・・・
 
「出来た〜」(IT素人でも何とかなるもんだ)
 
そして、この出来立てのDVDオーディオを、恐る恐るホーム・オーディオで聴いてみる... 
 
[るんるん][もうやだ~(悲しい顔)][るんるん][もうやだ~(悲しい顔)][るんるん][もうやだ~(悲しい顔)][るんるん][もうやだ~(悲しい顔)][るんるん][もうやだ~(悲しい顔)][るんるん][もうやだ~(悲しい顔)][るんるん][もうやだ~(悲しい顔)][るんるん]
 
CDの音と桁違い。空気感と臨場感が圧倒的。
30年ぶりの感動が再び[exclamation×2]
 
[どんっ(衝撃)]「ハイレゾ」恐るべし[どんっ(衝撃)] 
これから、ここでのお買い物がやたらと増えそうな予感と共に 
CD時代終焉の始まりを漠然と感じた小生であった。
 
(ほんの少し有名なオープニングを昔のCMで)

 

人気ブログランキングへ


nice!(14)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 3

ぷーちゃん

ケルンコンサート、
これは確かに痺れます。
by ぷーちゃん (2011-09-08 12:58) 

yu-papa

ご訪問&コメント有り難うございました^^
by yu-papa (2011-09-09 18:16) 

つむじかぜ

>ぷーちゃん様
唯一無二の天上の音楽であります!!!
by つむじかぜ (2011-09-09 23:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。