So-net無料ブログ作成
検索選択

『初めてのギターと初めてのコンサートと初めてのバンド』 [超個人的溺愛の逸品]

ついに200本目の記事更新だぁ[パンチ] 
 
多趣味ながら何一つ極められない小生の戯れ言に、いつも暖かいコメントをくださる方々に感謝の気持ちで一杯です。
 
気楽な日記のつもりで始めたブログが、いつしか継続することにより若さを保つ力の源泉となり、また多くの方々の情報発信には新鮮な感動を覚え、また未知なるモノとの出会いを教えられています。これからも、ひとりよがりな拙文に気軽におつきあい戴ければ幸いです。 
記念の今回は、私の少年期の音楽との関わりを振り返ってみます。
 
 
中学3年の春。
2年分のお年玉と小遣いから必死に貯めたお金を握りしめ、私はお茶の水の楽器店へロックで取り持つ親友と向かったのだった。
 
「エレキ・ギターを買うぞぉ〜[むかっ(怒り)]少年の心はメラメラと燃え上がっていた[exclamation×2]
 
1年以上前に親友宅のコンポ・ステレオで、初めてLed ZepplinGenesisを聴き、ロックの虜となった私にも、ついにその日が訪れた。 
買うべきギターは決まっていた。ジェフ・ベックを神と崇める裕福な親友は、既に半年前に「黒のレスポール」をポンと知らぬ間に購入(親に買ってもらった)していた。男同士の対抗心とは、こういう時に現れる。当時ジェフ・ベックは過去のハードロックから一転してフュージョン路線に転向し、2枚のインストルメンタル・アルバムを発表、僕らロック小僧を驚かせると共に、憧れのギタリストの最右翼であった。
 
「ふ、ふ、ふ。お前がBlow By Blowなら俺はWiredでいくぜ[exclamation&question]」 
 
51h38648YSL._SL500_AA300_.jpg51sSfFV13eL._SL500_AA300_.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 →→→→
 
 
 
 
 
 
 
「白のストラトキャスター」が欲しかった[黒ハート]
 
初めて訪れた楽器店は、大人の空気が漂っていた。整然と並ぶ多くのギターとイカした店員のお兄さん方に、少々気後れしながら狙いの一品を探す。
しばらく友人と店内を歩き回り、漸く意中の白ストラトを見つけ出す。しかし、実際に目にした実物は、私の想い描いていたイメージと少々違っていた。想い焦がれたアイドルの本物にいざ出会っても、心ときめかないように。
 
そんなどこからみても美形の彼女よりも、個性的でちょっとイカレタ感じの女性に触手が動く傾向は、この少年時代から芽生えていたようで、白ストラトの影に隠れていた一台の異形のギターに、私の眼は釘付けとなった。 
 
 gt_eg_gibson_flying-v.jpg
 『グレコ製・フライングV
 
ほ、惚れた...一目惚れだった[揺れるハート]
生来のシャイな癖に目立ちたがりな性格が更に拍車をかけ、小さなアンプ共々ほとんど衝動買いと相成った。
友人の「本当にこの女でいいのかよ[exclamation&question]」みたいな忠告は、一切耳に入らず。
 
ここからは、多くのロック小僧が辿ったように、高校受験もなんのその。日々、教則カセットを聞き返しながらの練習の日々が続く。しかし、この彼女、実は抱き心地は最悪だった。練習は当然坐って演るのだが、V嬢の凹凸の無いボディが私の太腿にしっくりと固定できない。滑る滑る〜その後の私の人生での女性との出会いもこのパターンが永く続くのだが...[あせあせ(飛び散る汗)]それでも、徐々に左指の腹が固くなり、Fコードも難なく押さえられてくると、Led zepplinのバンド譜を買い込み、お気に入りのメロディへの挑戦が始まる。 
 
この時期から別の欲求が膨らみ始める・・・「バンドで演りたい」
 
同じ中3のクラスでは、例の親友を筆頭に徐々にロック好き友達が増えて来ていた。 「この友達でバンドが作れるかもしれない。」一人一人の友人を思い浮かべる・・・しかし、時はすでに遅かった。
 
クラプトン狂のY君はストラトキャスター。HM好きのT君はSG。クィーン命のTG君はブライアン・メイ・モデル。親友のレスポールと小生フライングV
 
ロック好き5人、全員ギター持ちじゃねぇか[がく~(落胆した顔)]
 
幻の中学生バンドは結成不可能となったが、受験勉強真っ盛りでも学校帰りにお互いの自宅へ通い合い、レコードの貸し借りを繰り返し、音楽を絆とした5人の友情は深まっていった。
 
そして5人の全員別々の高校進学が決定し、卒業式も終わった春休み。
みんなで初めてのロック・コンサートへ行く事にした。
 
1977年4月2日 日本武道館・KISS初来日コンサート
 
 
初めて生で聴く爆音に圧倒されながら、リーダー格のポール・スタンレーの弾くギターに私は狂喜乱舞した[むかっ(怒り)]
 
フライングVだぁ[パンチ][パンチ][パンチ][パンチ][パンチ]」 
 
初体験のロックの饗宴に興奮冷めやらぬ少年達は、翌週には別々の学校に通うにも関わらず、「またな[手(パー)]」と、いつものように浅草駅で解散し、各々の家路に向かうのであった。
 
懐かしい中学生活最後の思い出である。 
 
そして高校入学
ロック小僧はいつしか健全なサッカー少年になっていた。(俊足左バックス〜今なら長友だぁ[むかっ(怒り)]
聴く音楽も自然とロック→フュージョン→ジャズへと変遷し、あれほど焦がれたフライングVに触れる機会も極端に減っていった。 
そんなこんなで高校3年の春。いつもの気の合う仲間との昼食中。友人F君の話しを、私が聞き漏らす訳は無かった[ひらめき]
 
「俺、この間ベース買っちゃったんだ」
 
突然沸々と燃え上がるロック魂[ぴかぴか(新しい)] 
 
「お、俺はギター持ってるけど...バ、バンド作らねぇか[exclamation&question]
 
残りのメンバー決めは早かった。ドラムスには体格が良いという理由だけ(ふとがね金太に似ていた)でI君。ヴォーカルは声がでかくて取りあえず天然パーマという理由でN君。ベースは前述のF君。ギターはもちろんフライングV使いの私である。全員ほとんど素人というか、私以外は楽器に触れた事の無い、なんとも無謀な、愉快な仲間達バンド結成であった。
 
リーダーは、自然と、とりあえず一日の長である私となった。
そのリーダーが、これまた無謀な指令を下す[exclamation]
「これを一ヶ月後に、それぞれマスターしてくるように[パンチ]
私は全員に、Led Zeppelin4の「ブラック・ドック」と「ロックンロール」を収めたテープを配り、駅前の楽器店併設のスタジオを予約するのであった[どんっ(衝撃)]
 
それからの一ヶ月間、みんながどれほどの練習をしていたかは定かではない[あせあせ(飛び散る汗)]ドラムを持っていないI君は、割り箸とお茶碗でシャドウ・ドラミングをしていたと言い、一番気楽なヴォーカル役は「まかせておけ」というばかり。私は久しぶりに愛器を取り出し、懐かしのフレーズの練習に余念がなかったのだが...ディストーションまで購入して気合い十分。
 
スタジオ入り。
・・・これほど怒り狂い・笑い転げ、プロのバンドの凄さと己らの未熟さを体と耳で痛感した日はなかった。
ギター走る、走る、新幹線並み。ベース遅い、遅い、亀並み。ヴォーカル「こんな高い声で早口英語できねぇよ〜」と「HEY」「Ah」しか歌わない。なんと一番マトモだったのは、初めて本物のドラムを叩いた割り箸練習のI君。(彼は3人より遥かに音楽的才能を持っていたようだ)
なんとも無惨な、しかし無性に楽しい時間だった[わーい(嬉しい顔)]
 
リーダーは少々考え、次の指令を出す。
「秋の文化祭出場を目指して、今度はこの曲で行く[exclamation×2] 」
 
大学受験勉強をなんのその。この即製コミック・バンドは、とにかく1曲完奏を目指し、各々の練習とスタジオ入りを繰り返すのであった。そして、初めて聴くに耐えるギリギリのレベルで、この曲を演奏し終わった時、4人は無上の歓びを分かち合うのであった。
 
そんなとびきり思い出の曲・・・FreeFire And Water」 
 
ポール・コゾフ泣きのチョーキング〜必死にマネました〜 
 
結局、持ち歌2曲(もう一曲はAll Right Now)での文化祭挑戦は、私のサッカー部親善試合とのバッティングにより幻となり(これでもチームの要だった[あせあせ(飛び散る汗)])、公衆の面前での恥カキは未然に防がれる結果となった。
 
そして高校卒業と共に、この私の最初で最後のバンドは自然消滅することとなる...
 
大学1年
久しぶりに中学時代からの親友に再会。彼の大学での学園祭だった。
なんとJazz研究会に入部していた彼は、あの黒のレスポールを弾きこなし、観衆の喝采を浴びていた。
 
それ以降、私は自分の音楽的才能の無さを完全に自覚し、愛器フライングVは再び永遠の眠りにつくことになるのであった...[るんるん][るんるん][るんるん]
 
おしまいです 
 
最後におまけ
フライングVと云えばやはりこのバンド
Wishbone Ash「Warrior」
 
元祖ツインリードギター
アンディ・パウエルいい音出すなぁ〜
 
Fire and Water

Fire and Water

  • アーティスト:FREE
  • 出版社/メーカー: Island UK
  • 発売日: 2001/10/05
  • メディア: CD
Argus (Exp)

Argus (Exp)

  • アーティスト:Wishbone Ash
  • 出版社/メーカー: Mca
  • 発売日: 2002/03/05
  • メディア: CD
地獄の軍団

地獄の軍団

  • アーティスト:KISS
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2010/08/25
  • メディア: CD
 
人気ブログランキングへ

nice!(16)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 16

コメント 7

Labyrinth

フライングV ですか!? 初めて知りました。
素敵な思い出ですね!(^_-)b
by Labyrinth (2011-12-23 16:22) 

non_0101

こんばんは。
記事200本目おめでとうございます\(^^)/
学生時代のバンド!いいですね~ 最高の思い出ですね☆
by non_0101 (2011-12-23 22:23) 

ぷーちゃん

( •ॢ◡-ॢ)✩⃛♱ΜᎧrRγ сняᎥᎦτмᏜs♱ೄ
来たー、ジェフベック。
フライングVと言えば、思い出すのが、
ウィシュボーンアッシュの
アンディパウエルかな。
by ぷーちゃん (2011-12-24 23:29) 

haku

フライングV カッコいいですよいね~♪
自分はやっぱり、マイケル・シェンカーですね!!
つむじかぜさんは、それ以来ずっと弾いてないんですか?!
by haku (2011-12-25 23:02) 

つむじかぜ

>Labyrinth様
少年時代の恥ずかしくも懐かしい思い出です^^;

>non_0101様
あと何回更新出来るか自信ありませんが、これからもよろしく☆

>ぷーちゃん様
若はげで悩んだA・パウエル様も現役なんですね〜完全スキンヘッドのようですが^^

>haku様
5年前にアコギを買って、たま〜につま弾く程度です(-。−;)
バンドで演っているhakuさんが羨ましい〜オヤジの星です☆★☆


by つむじかぜ (2011-12-26 01:25) 

DEBDYLAN

200記事おめでとうございます!!
そんな楽しい過去があったんですね♪
アコギたまには弾きましょうよ。
楽しいっすよ^^。

by DEBDYLAN (2011-12-26 22:17) 

つむじかぜ

>DEBDYLAN 様
ありがとうございます。
先日、2年ぶり位に弦を張り替えました(-。−;)
by つむじかぜ (2011-12-29 14:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。