So-net無料ブログ作成
検索選択

幻のブロンド歌姫を追う [キューティー・ブロンド病棟]

先日、BSにて映画「エリザベスタウン」が放映されていた。
 
エリザベスタウン [DVD]

エリザベスタウン [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD
愛すべきキャメロン・クロウ監督作は、当然、映画館で鑑賞済みだったが、何となく最後まで視聴してしまった。(すでにDVDは廃盤のようである)元々タイプではないキルスティン・ダンストを可愛いと感じた唯一の作品でもあり、興行的には成功しなかったが、当然個人的には大好きな映画である。
 
そしてエンド・クレジット時に流れた音楽・・・もちろん聞き覚えはあるのだが、改めて「グっ」と来たのだ[ひらめき]
 

 
「I Nine」と云う名のサウスカロライナ出身のロックバンドである。
洒落たPoprockだが、気持ちいいサウンド、アコギが効いています。そして、女性ヴォーカルが小生好みの声質[黒ハート]
 
早速、他の楽曲を探すが、密林では唯一のアルバムは販売不可、愛音で一曲のみMVが売られていた。いろいろと調べると、ほぼmp3によるデジタル販売のみのバンドらしく、しかも日本国内ではすべて購入不可なのである。
 
キャメロン・クロウ監督作品の挿入音楽は、私の感性にビッタリの知られざる楽曲が目白押しであり、彼の映画を愛する一番の理由は、それなのである。多分に、奥方のナンシー・ウィルソンハート)の審美眼に拠る処が大なのだが、彼女の選曲が素晴しいというか、マニアック過ぎて、全く日本で無名のアーチストの楽曲が多く使われるのだ。今回も、良い例だが、日本で手に入らない曲の時がツライのである。
 
とりあえず、「ようつべ」検索[パンチ]
 
 
 
おお〜ブロンド美女ではないかぁ[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]
 
300x300.jpg
   
Carmen Keigans(カーメン・ケイガン)・・・I Nineのリードヴォーカル。名前以外の資料は何も無し。バンドとしてのI Nineは、どうも2009年に解散しているようである。チェロ、アコギ主体のアコースティック・サウンドから心地良いガチロックまで、非常に個性的な音作りをするバンドである。冒頭曲も含めて、ソングライティングに非凡さがうかがえる。そして際立つカーメンのヴォーカル。柔らかいが生命力漲る歌声は、シャウトしても決して破綻することなく、聴く者の胸にすぅ〜と染み込んでくる。 
 
 「Seven Days Of Lonely」
彼らの最初で最後のヒット曲 
 
 
こんな魅力的なバンド、荒削りながら神々しい声を持つ歌姫が、埋もれたまま解散してしまった事は、まさに「髀肉の嘆」というべきか、残念で仕方がない。
 
そして一目惚れ・一聴惚れの小生は、執拗にCarmen Keigansの近況を追うのである。
すると「ようつべ」の彼女自身が挙げた昔のチャンネルを探し当て、こんな動画を見つける。
 
 
 
推測の域を出ないのだが、カーメンはグループ解散後に「看護学校」に入学し2011年に卒業しているようなのである。あの歌姫が、白衣の天使へ転身している可能性大となってしまった。それにしても、BGMの慈愛に満ちた歌声の素晴らしいことときたら・・・どんなクスリよりも彼女の歌が、多くの患者の病いを癒すのだろう。
 
...と、彼女の新作を聴ける事はもう有り得ないと覚悟していた矢先に、先週UPされたこんなMVを見つける[がく~(落胆した顔)]
 
 
 

『tyDi - Live This Lie ft. Carmen Keigans 

間違いなく彼女の名前であり、歌声を聴けば同一人物である事は明白である。               「tyDi」という者はこれまた、日本では無名のダンス・ポップのミュージシャン。どうやら彼の作品に、カーメンは4年のブランクを経てヴォーカリストとしてゲスト出演しているのだ。音楽の傾向としては、小生の趣味ではないのだが、彼女の新作を聴けただけで感涙モノなのであった[もうやだ~(悲しい顔)]

果たして、白衣を脱いでの音楽界への本格的復帰なのか?それともNurse様の気紛れのアルバイトなのか? 

謎が謎を呼ぶ『歌姫追跡作戦』は、意外な展開を見せ、今後への期待が高かまるばかりである[揺れるハート]

とりあえず、国内では購入できない「I nine」の楽曲入手の為、愛音北米版カードを注文してしまいましたぁ〜                                                      「Change Nothing」素敵なバラードです[ぴかぴか(新しい)] 

Elizabethtown

Elizabethtown


  • 珠玉の名曲が収められたrサントラ盤。
  • 最終曲がI Nineの「Same in Any Language」
  • 歌詞も素敵です。 
 
 
 

nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。