So-net無料ブログ作成
検索選択

進化系『テイラー・モンセン』新譜 [キューティー・ブロンド病棟]

 
sddefault.jpg
 
 [キスマーク]キタァー[キスマーク]
 
CDショップで、こんなジャケットを見せつけられたら買うしかないでしょう[どんっ(衝撃)]

Going to Hell

Going to Hell

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Razor & Tie
  • 発売日: 2014/03/18
  • メディア: CD
あのキューティー・ブロンド・ゾンビ姫〜テイラー・モンセン〜率いるプリティー・レックレスのNew Albumが発表されていたのだぁ〜[かわいい]
テイラーの魅力に一発で撃沈した経緯は、2年前のバンド・デビュー(http://tsumujikaze2.blog.so-net.ne.jp/2012-01-26)時に詳しく綴っております。
 
女優業とロック歌手でのパフォーマンスの余りのギャップは、困惑を通り過ぎて快感なのだが、この2ndアルバムを聴けば、彼女が何を目指しているかが、おぼろげながら見えて来る。テイラーは、女優での成功より音楽での自己表現に賭けているようだ。
 
jenny-humphrey-gossip-girl-colegial-bolsa-azul.jpeg
 
600full-taylor-momsen.jpg
 
オープニング1曲目から彼女の悶え声が響き渡り、いきなりドキドキさせられるのだが、 今作は、彼女の脚線美を拝まずとも十分の正真正銘のロック・アルバムの秀作である[パンチ]
 
アルバム表題曲「Going To Hell」(2曲目 )
 
 
 Absoultion」(小生お気に入り7曲目)
 
 
デビュー作同様、全曲彼女の書き下ろしだが、楽曲ごとの色合いが遥かに豊かになっている。
抑え込むようなシャウト声法や余裕ある声量は変わらずとも、陰影をつけた表現力が確実にアップ。
僚友ベン・フィリップス(ギター)との息もピッタリだ[るんるん]
 
「Light Em Up」アコースティック・バージョン
 
 
新人女優のお遊びかとも思われたロックバンド結成だったが、これは完全にゴシック・メタルの王道に進化しているではないか[パンチ] がなりたてるだけのヘヴィメタ野郎より、遥かにロックしてるぜ[どんっ(衝撃)]
 
アルバム自体の完成度は高いのだが、テイラーの脚線美と共に味わえれば、これはもう昇天間違い無し[exclamation×2]
 
hot-naked-girls-6bea652.jpg
 
b1ce29eece4b4d9860d1e94a2d748fd5.jpg
 
ゾンビ顔のボンテージ娘が誘う地獄の入口・・・嗚呼、自らハマりたい[揺れるハート]
 
「Heaven Knows」(最新ライブ映像で)
 
 

nice!(31)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 31

コメント 4

Labyrinth

良いお声ですね♪ ^^; 
成る程! おしりふぇちには堪らないポーズかも・・・^q^
by Labyrinth (2014-05-24 00:58) 

つむじかぜ

> Labyrinth 様
い、いやぁ〜おしりでは無くこの声に痺れたんですぅ(; ̄ー ̄川 アセアセ
by つむじかぜ (2014-05-24 02:11) 

DEBDYLAN

コレはジャケ買いしちゃいますね^^;

by DEBDYLAN (2014-05-24 20:51) 

つむじかぜ

> DEBDYLAN 様
女房の目には触れないように飾ります( ̄ー+ ̄)
by つむじかぜ (2014-05-26 01:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。