So-net無料ブログ作成
検索選択

最強のロックアイドル〜Buono! [超個人的溺愛の逸品]

 
アイドルだって、なめてんじやねーぞ(≧∇≦)
 
 

まさか、この歳になってアイドル系にハマるとは思っていなかったのだが... 

Buono! 

嗣永桃子(22歳)・・・民放バラエティ番組を観ない小生は、最近彼女が有名なバラドルにまで成長しているのを全く知らなかった。私の知識では、彼女は、Berrys仮面(Berrys工房が主宰していたお笑い劇団)のメンバーの中の天然ボケを売りにするひとりのチビタレントの認識でしかなかったのだ。
おばあちゃんになってもアイドルでいたい」今や、同業者からも絶賛されるももちの芸人魂なのだが、それは彼女の10年に及ぶ芸歴と芸風の変遷を振り返れば、何と無く理解できる。そんな彼女のこれからも続くであろうアイドル人生の中で、ひときわ異色の輝きを放つのが、buono!での活動だ。歌唱力は、他の二人と異なり、いかにも努力の賜物という感じが窺える丁寧な歌いっぷり。一応、リーダーです[あせあせ(飛び散る汗)]

夏焼雅(21歳)・・・同じくBerrys仮面のオレンジ役の認識だったが、本業Berrys工房でのメインボーカルの大半を受け持っていた歌上手である。ロック調のbuonoの楽曲でも、余裕の歌唱力を聴かせてくれる。
ももちと同じくデビューは小学生時だが、当時から茶髪が似合う、妙に大人びた女の子だった。スッピンの美しさとファッションセンスも、メンバー随一、学力の無さも無敵[がく~(落胆した顔)] メンバー唯一のシャウト係。サブリーダー。

鈴木愛理(20歳)・・・℃-uteのメンバー。ハロプロ・キッズに八歳で合格し芸能生活は、上記の二人と同様の芸歴。但し15人のキッズ合格メンバーの上位者がBerrys工房へ、残りが℃-uteへグルービングされ、二人とは袂を分けた。実父はプロゴルファーの鈴木亨。舌足らずの滑舌の悪さは天下一品で、MC中のダジャレトークなどは聞くに耐えないのだが、いざ歌い始めると別人と化す女の子。天性のリズム感の良さが感じられると共に、彼女の声質はロックにベストマッチだ。

つんく」の発想かは知らぬが、アニメ作品の企画として、2007年にBerrys工房と℃-uteの中からシャッフル、選抜された三人のアイドルによるユニットがBuono!である。このユニットは、楽曲がロック中心であり、ライブは生バンドを起用する処が、既存のアイドルグループとは大きく異なるのであった。ユニットは単発で終了予定だったが、その後も活動を続け、3枚のオリジナルアルバムとシングル13枚を発表、定期的に大規模なコンサートも開催していたが、2014年現在は、ほぼ活動停止状態である。まずは、チョット彼女達の基本的な歌唱力を、メローな楽曲で検証。

君がいれば(2009年)〜ユニゾン綺麗です[揺れるハート]〜 

何気に眺めていたユーツベ〜小生がBuono!に惚れ込んだ理由は、彼女達の容姿にではなく、アイドルが本気でロックしている違和感がなんとも心地良かったからである。
特に、結成初期〜中期の生バンドとのライブ映像は衝撃的だった[exclamation&question]
楽曲は、みな何処かで聞いたことのあるようなかつての歌謡曲から洋楽ロックのパクリ中心なのだが、とにかくノリがよろしい。更にバックバンドのサウンドが結構本格的。そして彼女達3人のアイドルレベルを遥かに超越した歌唱力(決してプロ級とは云わないが)が重なり、いまだかつて体験した事の無いアイドル・パフォーマンスを披露してくれるのである。 

Dolce(ドルチェ)という女性バックバンドの「音」が70~80年代洋楽ロックを彷彿させる。
特にギタリストの「菅原潤子」は、私好みの「いい音」を弾くのである。曲に合わせてテレキャスターとレスポールを使い分け、カッティングなどは超絶だ。調べると宇多田ヒカルやドリカムのバックバンドでも活躍した経歴を持つ凄腕サポートミュージシャンで、先日の「ヤオンノナオン」でも、杏子のバックで弾いていたのを偶然に発見した。

Junko_Sugawara_01.jpg

要するに真のBuono!とは...ももち・雅・愛理+Dolceの7人組のロック・アイドル・グループなのだ[パンチ] 

「じゃなきゃもったいない!(2009年)」なんかDeep Purpleの香り


ハイブリッド☆パンチ [DVD]

ハイブリッド☆パンチ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD
  • 2009年〜結成1年半後の初々しい2枚組ライブDVD。廃盤です[あせあせ(飛び散る汗)]
  • 前半はカラオケだが、後半のDolceとの競演は迫力満点。
  • Dick2は、同じ演奏をももち・雅・愛理のひとりづつをズームアップ映像で収録。
  • 中古で2,000円〜ファン垂涎のお買い得DVD


We are Buono! Buono! LIVE TOUR 2010 [DVD]

We are Buono! Buono! LIVE TOUR 2010 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD
  • これも廃盤だが、中古市場でプレミア価格の代物。(小生は当然、大人買い)
  • ZePP Tokyoでの臨場感溢れる最高のパフォーマンスを披露!
  • 予定外のダブルアンコールを即興でこなせるアイドルなんて、彼女達だけだ。
カメラアングルも編集も荒削りな録音も見事。名盤[exclamation×2]
 

Blu-ray Disc.Buono!ライブ2011winter 〜Re;Buono!〜

Blu-ray Disc.Buono!ライブ2011winter 〜Re;Buono!〜

  • 出版社/メーカー: アップフロントワークス(ゼティマ)
  • メディア: Blu-ray
  • 1年毎に彼女達は成長しているんだなぁ〜と実感させられるライブ。
  • Dolceメンバーのうちギターとベースが交代。
  • バンドの音を抑えめに、ヴォーカル主体のPAは、好みの別れるところか...
  • やはりBlu-rayは綺麗だ。下半身のアップも多めで、アイドル3人目当てのファンにはオススメ。

ライブDVDは数多く販売されているが、私はギタリストとして菅原潤子が在籍していた2010年までが一番好きだ。

Cafe Buono!

Cafe Buono!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: PONYCANYON INC.(PC)(M)
  • 発売日: 2008/02/20
  • メディア: CD


Buono! 2 (通常盤)

Buono! 2 (通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: PONYCANYON INC.(PC)(M)
  • 発売日: 2009/02/11
  • メディア: CD


We are Buono!

We are Buono!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: CD

中古盤でオリジナルCDもすべて購入。前述の通り、パクリ技が多いが良曲満載だ。聴いていて楽しい気分になる[わーい(嬉しい顔)]
しかし、ライブの迫力に到底及ばないので、小生はライブDVDからMP3で抜き出してiPhoneでヘヴィロテ中[ぴかぴか(新しい)]

AKBやももクロを否定するつもりはないのだが、Buono!の生演奏を「映像無しで聴く」と、つんく主宰のハロー!プロジェクトの音楽への拘りが強く感じられて嬉しくなる。アイドル音楽も捨てたもんではないと・・・

ちょっと昔の映像を...(2004年) 

ももちの代わりに「田中れいな」だけど、「ハロー!プロジェクト・キッズ」って凄かったんだね。
小学生時分の茶髪・雅の異様な色気と背伸びする愛理のあどけなさの対比に頬が緩む[わーい(嬉しい顔)]
こんな頃から、アイドルの頂点を目指して歌とダンスに明け暮れる日々を過ごしてきた子供達を見ると、何となく切なくなるのだが、少女から大人への階段で何度も転ばさせながら芸を磨かせ、漸く真のタレントとして晴れ舞台に立たせるプロダクションの長期戦略に「アイドルの王道」を感じてしまう。

Independent Girl〜独立女子であるために〜(2011年) 


SHERBET

SHERBET

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: UP-FRONT WORKS
  • 発売日: 2012/08/22
  • メディア: CD

Buono!は、2012年8月発売のこのミニアルバムを最期に目立った活動を休止している。
事情は定かではないが、3人ともオリジナルグループ内での活動は継続されており、Buono!の解散宣言はされていないようなのだが...
近い将来、衝撃的な復活コンサートを待ち望むロック大好き親爺なのでした[かわいい]

お気に入りの1曲〜題名からしていいよね[わーい(嬉しい顔)]
「ロックの神様」(2010年)
 

 
人気ブログランキングへ


nice!(33)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 33

コメント 4

haku

いいですねぇ!
若い娘のロックは、元気出ますねぇ♪ ^m^
by haku (2014-07-27 12:29) 

DEBDYLAN

ミュージシャン、シンガーとしても評価できるアイドル。
サイコーじゃないっすか!!

by DEBDYLAN (2014-07-27 23:34) 

つむじかぜ

> haku 様
こんな弾けたロックにワクワクしっ放しなんです( ̄ー+ ̄)
by つむじかぜ (2014-07-29 02:24) 

つむじかぜ

> DEBDYLAN 様
ご賛同戴き感動で〜す!
復活したら、恥ずかしくてもライブに行きますぞ^^
by つむじかぜ (2014-07-29 02:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。