So-net無料ブログ作成
検索選択

NOKKO 唯一無二の衝撃ライブ! [〜私の歌姫〜]

NET徘徊していたら、30年近く昔に感動を受けた演奏を発見[目]
 
レベッカ(REBECCA)・・・80年代に一世を風靡した日本のロックバンドだ。デビューは小生が社会人になってからで、当時のカラオケでは「フレンズ」や「RASPBERRY DREAM」などは、同年代の奴らが歌っているのをよく耳にしたものだ。ガチなハードロック狂かつへそ曲がりな私は、マドンナやシンディー・ローパーのパクリにしか聞こえない彼らの音楽を軟弱ロックと決めつけ、真剣に向き合う事は無かった。キャッチーなメロディ重視の薄っぺらなサウンド、ただ五月蝿いだけのリードヴォーカル。「こんなもんはロックじゃねぇ!」と。そう、思っていた...
 
そんな或る日、深夜TVの音楽番組で彼らのライブ映像を偶然に観る事になる...衝撃であった[どんっ(衝撃)]
それは、1986年、早稲田大学の文化祭でのシークレット・ライブだっだ。
 
 
 
小雨降りしきる簡易な屋外ステージ上で、圧倒的なパフォーマンスを披露する女性ヴォーカリスト・・・NOKKO
リズム感、声量、感情表現...申し分ない...しかし、それ以上に人の心を打つ熱き魂を感じざるを得ない[exclamation×2]
 
この日を境に、私はレベッカというバンドよりも一人の歌姫としてNOKKOを崇め奉るのだった。
 
レベッカ時代の一番好きな曲『MOON』
作詞 のっこ
 
 
91年にレベッカ解散以降、ソロとして活躍。元バンドメンバーの木暮武彦(RED WORRIORS)との結婚は即破局となるが、サウンドエンジニアの保土田氏と再婚。2000年以降は目立った活動は少なくなったが、時折発売される新曲には、出産を経て母となったNOKKOの溢れる柔らかな愛情が満ち溢れている。
 
 
 

nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。