So-net無料ブログ作成

今さら「レッチリ」にハマる、 [〜ロックの神さん〜]

  
すっ裸が好きな連中なのである...[がく~(落胆した顔)] 
 
rs-102264-002Red_Hot_chili_peppers (1).jpg 
 
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ・・・言わずと知れた超ビッグメジャーバンドは1984年にデビュー。小生の社会人デビューと重なる訳だが、当時は彼らの音楽を全く聴かなかった。 洋楽ロックから少々離れていた時期の上に、小生の苦手なヒップホップ・ファンク系、しかも冒頭のようなド派手なライブパフォーマンスを知るにつれ、「耳障りなガキロック」のイメージを勝手に作り上げていたのだ。以降、バンドの人気はうなぎ登り、グラミー賞の常連からロックの殿堂入りともなったが、引き続き、真剣に彼らの音楽に向き合う事は無かった。
 
2016年5年ぶりに11枚目のアルバムを発表。
デビューから30年以上も経過すれば、「大人のロック」に変貌しているかな?と、勢い、購入してみたが、これが結構イイ感じなのである。

GETAWAY

GETAWAY

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WEA
  • 発売日: 2016/06/17
  • メディア: CD

調子に乗って、昔の作品を2枚聴いてみると...更にイイ[exclamation×2] 完全に小生好みのミュージックなのだ[どんっ(衝撃)]
 
Dani California(2006年) 
 
 往年のロックスター達へのオマージュ映像が可笑しくも素晴らしい[exclamation]
 
真っ先に飛び込んでくるのは、「ギター」の凄さ。 
クリーンなコード・カッテイング、ワウワウの効果的なリフからディストーションの効いた分厚い音圧、極め付けはジミヘンばりの歪んだギターソロ。それらが、すべて気持ちい「音」なのだ。単に巧いだけではなく、歌心が感じられるプレイに聴き惚れてしまう。
そして、切れのあるドラミング、BASSのビート感が何気に際立っているし、下手にシャウトしない「漢」のヴォーカルが潔い。イカツイ連中のくせしてやたらコーラスが美しい。
完璧なバンドじゃないかい〜一発で完全にハマりました[ぴかぴか(新しい)] 
 
リアルタイムに彼らの真髄に触れられ無かった事を、大いに悔やんだ〜思い込みは禁物だなぁ〜 
 
小生一押しのギタリストは「ジョン・フルシアンテ」。薬物過剰摂取で死亡したオリジナルメンバーのヒレル・スロヴァクの後任として1989年に加入した。1992年に一時脱退するも、1999年に復帰。2009年に再脱退と、目まぐるしいお兄ちゃんなのだが、彼が在籍中の作品が、RHCPの黄金期を作ったと言っても過言ではなかろう。 
後から知る事になったが、彼のプレイに心酔するギター小僧が世界中に生息しているのだ。(小生も遅ればせながら仲間入り)しかも、ローリングストーンズ誌では《現代の3大ギタリスト》のひとりとして紹介されているのだ[exclamation]知らぬ間に...
 
john_frusciante_arm_scars_red_hot_chili_peppers.png 
 
動から静へ〜彼らの真骨頂をLIVEで! 
 By the Way & Scar Tissue(2003年) 
 
 [るんるん]超高等テクニックではないのだが、ジョンのリズム感とヴォイシングの素晴らしさ[るんるん]
ねぶた祭り並みに皆、跳ねてます〜何万人おるねん[がく~(落胆した顔)]
 
ジョン在籍時の小生のおすすめアルバム3枚です〜

Californication

Californication

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 1999/06/03
  • メディア: CD
  • 1992年脱退後、出戻りジョン復帰作。バンドとしても転換点となった1作だ。
  • デビュー時からのファンキー一辺倒からメローな一面を魅せ、物議をかもす。
  • だが、此処から後期RHCPの大ブレイクが始まるのだ。「Otherside」泣けます。



By the Way

By the Way

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 2002/07/08
  • メディア: CD
  • ジョン・フルシアンテの弾きまくりが全面に押し出されている作品。
  • ギターの音色の表情が飛躍的に豊かになっている。
  • 7曲目の「Can't Stop」なんて、単音ピッキングの教科書だ。
  • ギター小僧垂涎!


Stadium Arcadium

Stadium Arcadium

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 2006/05/09
  • メディア: CD
  • メンバーの有り余る才能が収まりきれず、2枚組〜捨て歌無しの28曲の大作。
  • ジョン・フルシアンテの卒業作でもある。一聴すると冗漫な感じだが、聴きこむほどに味が出てくる
  • 絶頂期の最高傑作。

 
往年のファンからは賛否両論の最新作も味があります〜ジョンが居ない分、ベースの存在感は半端ないです[パンチ]
 
この曲のギターソロのフレーズ、好きです[黒ハート]
 
 オリジナルメンバーの二人は50歳過ぎても裸がお好きなようです^^
 
 
嗚呼、無性にエレキギターが弾きたくなってきたぁ〜[るんるん][るんるん][るんるん] 
 

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。