So-net無料ブログ作成
検索選択

「淵に立つ」 [上映中飲食禁止じゃ!]

〜隠れた話題作を公開終了間際に滑り込み〜
 
 fuchi_ni_tatsu-894236401-large.jpg
 
カンヌ国際映画祭「ある視点」部門での審査員賞受賞作だそうな...
 
郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、利雄、妻の章江、10歳の娘・蛍の3人家族。ごく平凡な毎日を送っていたある日、利雄の古い知人で最近まで服役していた八坂草太郎が現れる。利雄は章江に断りを入れずに八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。(ぴあ映画生活より)
  
浅野がいい、浅野忠信が実に素晴らしい[exclamation×2]
 
少女が弾くたどたどしいオルガンの旋律にメトロノームの正確なリズム音が重なっていく。ハッとするような静かなオープニングが、かえってこの物語の暗い先行きを暗示させる。
 
8年ぶりに再会した友人を、当然のように、住み込みの職工として自分の工場で働かせる利雄。唐突な亭主の決断に戸惑い、不安を隠せない章江。一人娘の成長を楽しむ幸福な家庭に分け入った来客が起こす小さな波紋が、徐々に大きな亀裂になっていく。 
 
 HARMONIUM-POST-TWO.jpeg
 
ムショ帰りの律儀な男・八坂。常に白ワイシャツを身に着け、能面の如く表情を崩さない。極道の世界に身を置いたらしい事を想像させるが、物腰は極めて柔らかい。身体の奥底に抱えている周りを瞬時に切り刻む刃物を使わぬよう、必死に耐え忍んでいる。一貫した静かな演技を見せながら、観る者に絵に言われぬ不安感を与え続ける浅野忠信の「凄み」は、今作の白眉である。
 
この謎の闖入者の親友という利雄だが、二人の以前の関係も謎のままだ。その身元不明の男に淡い恋心を抱いてしまう利雄の妻・章江。幅広い芸風の筒井真理子が、オンナと母を行き来する人妻役をリアルに好演する。
 
 maxresdefault.jpg
 
隠し持っていた刃物が暴発し、一家に大きな傷跡を残したまま消息不明となる八坂。事件から8年後、夫婦に漸く安らぎが戻ってきた矢先、新たな闖入者により、古傷からおどろおどろしい膿が吹き出し、家族を奈落の底に落としていくのだった...
 
サスペンス調の形式をとりながら、人間の根源的な「罪と罰」を謳った作品である。 
緻密な脚本・演出は、古舘寛治を含めた個性的な3名の名優の演技力により、全編を通じて張り詰めた緊迫感を持続させる事に成功している。サスペンス系にありがちな回想場面は一切登場せず、過去の事件や八坂の生い立ちは、観客の想像力に任される。最大の鍵である八坂の「現在」は見れず、彼の真の正体も、事件の真実も闇の中だ。利雄の告白により、ひとつの答えは出たものの、結局、喉に魚の小骨が刺さったまま一晩過ごしたような不快感は、エンドロールが流れるまで徹底してつきまとってくるのだ。
 
人間の弱さと逃れられない血の宿縁を在る一家に投射し、『因果応報』という世の常を、極めて冷徹かつ緻密に映像化した深田晃司監督の表現力に打ちのめされる。個人的には、奇を衒い過ぎたようなエンディングが、悲劇の根幹の理由を観客の判断に丸投げしているようで、「もう一歩踏み込んで欲しい」消化不良を感じてしまったが...ただ、この感性は圧倒的だ[どんっ(衝撃)]
 
浅野忠信の鬼気迫る演技だけでも、一見の価値ありだ[パンチ]
 
 
 
◎おまけ
HARUHIが歌う挿入曲「Lullaby」
 
 
彼女が My Little Lover のヴォーカル akko の娘とは知らなかった。(当然、父親は小林武史だが...)この声質は稀有だ。歌唱力自体は母親同様に???だが、人を惹きつける“何か”を持っている。宇多田ヒカル以来のビッグなサラブレッド歌姫の出現かもしれない[exclamation&question]
 

nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 36

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。