So-net無料ブログ作成
検索選択

『紅葉の平林寺』 with Sony α7 [ざれごと写真日記]

 
ぼちぼち遠出して紅葉狩りでもと思ったが、毎度ながらの朝寝坊にて、すでに女房様は外出[がく~(落胆した顔)]ソファでTV鑑賞していた長女の横で、彼女が食い散らかしたパンの残りをブランチ状態の旦那様なのでした[ふらふら]外は久しぶりの快晴[晴れ]
 
「う〜ん、どっかに行かねば[あせあせ(飛び散る汗)]
高尾山は大混雑だろうし、以前感動した茨城県の西山御殿も片道最低90分だ。都内の名所は来週に取っておきたい。
...見つけましたよ、埼玉県新座市「平林寺」〜予定通り、車を飛ばして40分(駐車場探しに20分かかったけど)
 
『金鳳山 平林寺』・・・創建650年臨済宗の関東の名刹...新座近辺は仕事で昔は何度か訪れたが、全く知りませんでした。埼玉県の住宅地に、忽然と広大な松林が武蔵野の面影を残して拡がっていた。その一角に平林寺が佇む。彩りは、見頃一歩手前か。今にも燃え上がるような木の葉からようやく色づき始めたもの、すでに盛りを過ぎて朽ち果てる寸前まで、そしてまだまだ元気な緑を主張するもの...なんか人間みたいだ。この混ざり合った頃合いの彩が一番好き。
 
DSC04632.jpg 
 
DSC04736.jpg
 
DSC04720.jpg 
 
DSC04703.jpg
 
DSC04768.jpg
 
DSC04778.jpg
 
DSC04751.jpg
  
DSC04640.jpg
 
DSC04723.jpg
 
DSC04626.jpg 
 
DSC04678.jpg
 
DSC04696.jpg
 
DSC04715.jpg
 
DSC04805.jpg
 
DSC04791.jpg
 
DSC04625.jpg 
 
DSC04811.jpg
 
境内の裏には、大河内松平家代々の墓石が厳かに立ち並び、さらに奥には松林が延々と広がる。この緑地は昔時の武蔵野の風情を残したまま保全され、雑木林としては唯一の国の指定天然記念物だ。雑木林をそぞろ歩いていくと、小さな小高い丘に遭遇する。「野火止塚」という野山の火事を見張る土盛りの跡であり、新座市内の地名の由来にもなっている。まだ未開の地であった時代の関東平野の面影を感じることができる場所が、こんな近郊に在ったなんて、少々感無量の小生は、中途半端なブランチで空いた腹を帰り際の蕎麦屋で満たしたのでした。
 
 DSC04821.jpg
 

 

nice!(58)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 58

コメント 4

Labyrinth

一つ一つが芸術作品♪ いつものことながら、素晴らしいです!

平林寺? ?(・_・?) ハテ? と思いましたが、
“野火止” でハタと! w
確か吟行に行ったような気がします。 こんなに見事な紅葉なのですね~ ^^;


by Labyrinth (2016-11-24 00:57) 

JUNKO

うっとりするばかりの美しさです。石の塀に張り付いた紅葉きれいですね。
by JUNKO (2016-11-24 15:41) 

つむじかぜ

> Labyrinth 様
紅葉は、日本の彩りの最たるものですね。
Labyさん、この時期に吟行に行かれたら更に素晴らしい歌を詠まれたでしょうね^^
by つむじかぜ (2016-11-24 23:34) 

つむじかぜ

> JUNKO 様
黄と赤のコントラストが非常に素敵でした^^
by つむじかぜ (2016-11-24 23:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。