So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Eva Cassidy〜永遠の歌声/Faraway Voice [〜私の歌姫〜]

Eva Cassidy(エヴァ・キャシディ)〜私の最も敬愛する歌姫。アメリカを代表するポピュラー歌手であり、伝説のヴォーカリスト。1963年2月2日生まれ〜1996年11月2日逝去。享年33歳。明後日が命日である・・

5年前にHMVで流れていた1枚の新譜。ジャケット写真の容姿が非常に私のタイプだったので、衝動買いしてしまった[揺れるハート]
コール・オフ・ザ・サーチ(DVD付)




Katie Melua(ケイティ・メルア)グルジア生まれ、イギリス育ちのシンガーソングライター。このアルバムがデビューアルバムだった。ちょっと舌足らずの透明感のある声質に、しっとりと情感を乗せて歌う姿に一発で虜になった。
初来日コンサートにも当然のように飛んでいき、未だ舞台慣れしていない初々しさと一生懸命歌う姿に、更に想いを強くしたのであった。
そのコンサートでの冒頭の曲が、アルバムの11曲目にも収められている『Faraway Voice』の弾き語り。彼女のMCを明確に聞き取れなかったが「私の愛する“eva cassidy”に捧げます」みたいな事を喋っていた。こんな感じで↓

早速「eva cassidy」なる者を調べ上げ、評判の良いCDをとりあえず1枚購入してみた。

衝撃の出会い・・・感涙・・・
Live at Blues Alley

Live at Blues Alley

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Blix Street
  • 発売日: 1998/07/28
  • メディア: CD
1."Cheek to Cheek" (Irving Berlin) 2."Stormy Monday" (T-Bone Walker) 3."Bridge over Troubled Water" (Paul Simon) 4."Fine and Mellow" (Billie Holiday) 5."People Get Ready" (Curtis Mayfield) 6."Blue Skies" (Berlin) 7."Tall Trees in Georgia" (Buffy Sainte-Marie) 8."Fields of Gold" (Sting) 9."Autumn Leaves" (Joseph Kosma, Johnny Mercer, Jacques Pr_vert) 10.Honeysuckle Rose" (Andy Razaf, Thomas "Fats" Waller) 11."Take Me to the River" (Al Green, Mabon "Teenie" Hodges) 12."What a Wonderful World" (Bob Thiele, David Weiss) 13."Oh, Had I a Golden Thread" (Pete Seeger) - 4:46 [Studio recording]

ワシントンの小さなJAZZ CLUBでの演奏を、簡易な機材で録音され、元々は発売化も予定されていなかったと云われている。

1曲目のJAZZスタンダード、2曲目のブルース。その道専門と思わされるフィーリング、幅広い声域ととてつもない声量。私は、ゴスペル原点のがたいの良い黒人女性をイメージしたが、ジャケット写真を見る限り、普通のブロンドの白人女性だ。3曲目S&Gの「明日に架ける橋」洒落たアレンジという以上に、彼女のフィルターを通すと全く別の歌として生き返る!5曲目はオリジナルよりもロッド・スチュアート&ジェフ・ベックの演奏が馴染み深いが、こちらの方が遥かに心に滲みる。ヴォーカルに気を奪われがちだが、バックの演奏も小気味良く素晴しい。8曲目はスティングのカバー・・・あれっ?涙が・・・溢れて来る・・・9曲目、あの「枯葉」を、こういう「詩」に変える歌唱力とアレンジ・・・・おい、涙が・・・止まらんぞ。 
10曲目、私の好きなスタンダード曲を気持ち良く気持ち良く聴かせてもらった後は、11曲目ソウルの大御所アル・グリーンのカバー。パワフルな上に絶妙なリズム感。ライブ最後の11曲目はサッチモの「What a Wonderful world」。多くの歌手がこの有名曲をカバーしたが、題名通りの「この素晴しき世界」を実感させるヴォーカルと私は初めて出会った。

ケイティが敬愛する訳は、言わずもがなである。

天性の美しい声質、低音からハイトーンまで全く破綻しない声域の広さ、ジャンルを問わないリズム感の素晴しさ。そして・・・彼女の歌には『命』が息吹いている生きる事の楽しさ、悲しみ、人間が持つすべての想いが歌詞のひとつひとつに込められている。

このライブ盤収録の10ヶ月後、彼女は悪性の皮膚がんにより急逝する。
生前に彼女が残したオリジナルアルバムは、デビューアルバムとこのライブ盤のみ。遅咲きのメジャー・デビューがあと1年遅れたら、彼女の音源は世に出る事は無かった。
「Fields of Gold」

死後、彼女の人気が高まり、ベスト盤他未発表テイクを編集したアルバムが次々と発売される。
ベスト盤「Song Bird」
Songbird
大半が、「Live at Blues Alley」からの選曲であるが、最終曲の「Over the Rainbow」は白眉、鳥肌モノです。



「Over the Rainbow」ライブ盤が収録された当日の映像のようです。アルバムには未収録。

歌手売り出しの決まり文句に「神の声」「天使の歌声」などの安易な表現が使われる事がある。

私は、Evaは「天に語りかけた歌姫」だと思う。天上で彼女の歌声を聴いた神様は、自分の傍らで彼女を歌わせたくなって、あまりにも早く天国に呼び寄せてしまったに違いない。

彼女の愛用のギターは
songbird.jpg
Guild製の「Song bird


「Eva」の語源はヘブライ語で『

死の6週間前に、瀕死の状態で人前で歌った最期の歌は「What a Wonderful World」だった。

人気ブログランキングへ

nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 7

haku

eva cassidy 本当に天空に染み渡るような歌声ですね!
何故か、そのような天才的な人は、早く天国に召されますね。
残された者にとっては、まったく惜しいことです。
by haku (2010-10-31 16:21) 

つむじかぜ

>haku様
nice&コメありがとうございます。
彼女の歌声を聴くと、本当に生きている事の素晴しさを実感します。
私の彼女を超える歌姫探しは、たぶん終わることは無いかもしれません。

by つむじかぜ (2010-11-01 00:31) 

ぷーちゃん

Eva Cassidy、本当に若くして
他界。とても残念です。
ブルーズアレイのライブは、最高っす♪
by ぷーちゃん (2010-11-01 14:28) 

つむじかぜ

>ぷーちゃん様
当時のブルーズアレイで、Evaの生の歌声に触れた観客は、一生の宝物を手にしたと思います。羨ましいっす!
by つむじかぜ (2010-11-02 01:57) 

galapagos

いいですねー。
ご紹介ありがとうございます。
by galapagos (2010-11-02 18:12) 

つむじかぜ

>galapagos様
そのように言って戴けると嬉しいです!
もっと多くの日本人にも聴いて欲しいですね。
ちなみに、wiki日本版にはケイティは存在しても、何故かevaは掲載されておりません。
by つむじかぜ (2010-11-02 23:38) 

Cialis generika

沒有醫生的處方
cialis 5mg prix http://cialisvipsale.com/ How does cialis work
by Cialis generika (2018-04-14 18:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。