So-net無料ブログ作成

『Women in Metal !!!』 [〜ロックの神さん〜]

最近、映画「アルゴ」の劇中で流れたり、アリソン・クラウス+ロバート・プラント共演の見事なアレンジを聴いて、突如、オリジナルLed Zeppelinへの想いが沸き上がってきた。
 
そして...ダラダラとNet徘徊していたら見つけた[ひらめき]
 
おおっ〜これは、ちょっと衝撃的だった[どんっ(衝撃)] 
 
 
 
Led Zeppelin 4: Zoso

Led Zeppelin 4: Zoso

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic / Wea
  • 発売日: 1994/07/18
  • メディア: CD
 
イントロのハーモニカの唸り、痺れるスライドギターの音色[exclamation] 何者じゃ〜[がく~(落胆した顔)]
 
Zepの最高傑作と言われる4枚目B面の隠れた名曲「When The Levee Breaks」を完コピする謎のレディース・バンド。Led Zeppelinご本尊自身も滅多にライブ演奏しなかったこの曲を、スタジオ盤そのもののレベルで演奏する彼女達は一体...
 
『Zepparella』・・・アメリカ南西部で活躍するLed Zeppelinのレディース・コピーバンド。詳細な情報は不明なのだが、2005年頃からの活動らしい。2年前には来日もしていて、各地のライブハウスを廻っていたようである。
Zepのコピーバンドは世界中に星の数ほどあるだろうし、演奏技術だけなら本家を凌ぐバンドも多く存在するだろう。
しかし、Zepplinをまねるには、あの独特の「重く太いサウンド」をモノにしつつ、とにかく「カッコ良く」なければならないのである。
このレディース・バンドはその2点を完全にクリアしている。
女の子とは思えないドラムスのスティック捌きは、ボーナム同様に「図太い音」の中核になっている。
全盛期のロバート・プラントの高音シャウトは、なかなか普通の男性では出せる声ではないが、この女性ヴォーカルは、音域・声質共にオリジナルのレベルに近い。
 
そしてなんと云ってもギタリスト[exclamation] 
GretchenMenn_4.jpg
 
003.jpg
 
Gretchen Menn〜かっこいいっす、イイ女です。超絶テクではなくても、雰囲気は完璧に女ジミー・ペイジ[ハートたち(複数ハート)]
 
還暦過ぎのZepメンバーの演奏は今でも心震える訳ではあるが、やはり肥えたジミーはできれば見たくないのである。絶対に今のロバートはヘソを出してはいけないのだ[あせあせ(飛び散る汗)]
 
そんな観点から『Zepparella』は、若かりしLed Zeppelinのパワーと格好良さを踏襲しつつ、更に女の色気をプラスした希有なコピー・バンドだ。
 
映像・音質共に良くないですが、ライブの雰囲気を[むかっ(怒り)]
「移民の歌」(間奏のギターのアレンジも良し)
 
 
このバンド、キィーボード抜きで「カシミール」や「トランプルド・アンダー・フット」なんかも演奏する3ピース・サウンドへの拘りを感じさせる「男気」も持ち合わせている。女々しくスカートなんぞ穿かない心意気も良し[どんっ(衝撃)]
 
今度、来日したら絶対に行くぜ[exclamation×2] 
 
 
突如、レディースバンドに目覚めたオッサンは、更にNet上を徘徊していると...
 
また、素敵な音を見っけ[わーい(嬉しい顔)]
 
 
 
ゴシックメタルはあまり聴かない方だ。というより、社会人になりヘヴィメタから卒業した後に現れたジャンルなので、今聴いても少々戸惑ってしまうのだが、これはグッと来た[どんっ(衝撃)]
 
SAD ALICE SAID・・・こちらも情報不足。ウクライナの7人組の新人バンドのようだ。HPはロシア語。
私が惹かれるのは、女性ヴォーカルの声質である。この全く嫌みの無い柔らかい声が、美しいピアノの旋律と溶け合いながら徐々に熱を帯び、激しいギターの音圧と渾然一体となっていく様が「美しい[ぴかぴか(新しい)]
ピアノとビオラのアコースティックな音色とエレキのハードビートを、仰々しいほどにドラマチックに重ね合わせていく楽曲は、ここまで徹底すれば「あざとさ」を通り越して圧巻である。
 
こちらが最新曲のようである[exclamation] 
 
 
このバンドの楽曲を収めたCDは未発売。すべてMP3ダウンロードのみの販売だ。
 
SadAliceSadOperYourEyesCoverSingle.jpg cover.jpg68bc363d-2a6c-4104-a31c-2d6c78991825.jpg
 
いち早くDL〜USBメモリーにcopyして、Myステレオで大音響で聴くと[るんるん][るんるん][るんるん]これがまた気持ちいいのだ[わーい(嬉しい顔)] 
 
 
更にオッサンの探索は続く...そして愛しの「ブロンド歌姫」見っけ[ひらめき][ひらめき][ひらめき]
 
 
DOMENICA(ドメニカ)・・・モデル系美女・Bekki Friesen嬢率いるカナダ出身の4人組。2004年結成、メジャーデビューは2009年アメリカでリリースされた「Luxury」。その後オリジナルメンバーはカナダに帰国するも、2012年メンバー・フルチェンジにて2ndアルバム「Better In Us All」を発表。
華麗な容姿からは想像出来ない逞しき「ROCK」スピリッツ[パンチ]  ほぼすべての楽曲を手がけ、ギターの腕前もなかなか。そして、このパワー漲りながらも美しき歌声[グッド(上向き矢印)] 
まさに、ベッキーによるベッキーの為のワンマンバンドなのだ[exclamation×2]
 
んん〜堪りません[揺れるハート] 
 RC_7431.jpg
露出しても健康的な薫りが漂うのも魅力(身長180㎝[がく~(落胆した顔)]
 
絶品のNew Albumのさわりを...[るんるん][るんるん][るんるん]
 
 
ソングライティングにも非凡な能力を見せる[グッド(上向き矢印)] これは、ほんまに気持ちいいアルバム[exclamation×2][exclamation×2]
また、目の離せないブロンド歌姫との邂逅である[どんっ(衝撃)] 
 
ザ・ラグジュアリー

ザ・ラグジュアリー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Spinning
  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: CD
ザ・ベター・イン・アス・オール

ザ・ベター・イン・アス・オール

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SPINNING
  • 発売日: 2012/10/10
  • メディア: CD
 
そして、最後にいつものアノ娘の映像に行き着く[あせあせ(飛び散る汗)] [キスマーク]こちらは卑猥です[キスマーク]

 嗚呼、テイラー・モンセン[どんっ(衝撃)]
 18禁じゃぁ〜来日したら、絶対、絶対、行くもんねぇ[揺れるハート]
 

nice!(19)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 19

コメント 8

Labyrinth

(^^; “卑猥” の文字にそそられて見てみましたけれど
何故か途中で音声がっ!? (汗)
ライブにお出かけのさいは詳細なレポートをお願いします。w
by Labyrinth (2012-12-14 18:48) 

ぷーちゃん

さすがにツッペリンは人気ですね。
Lez Zeppelinは、たまに聴いてますが、
冒頭のZepparellaは、いいじゃないすか!
by ぷーちゃん (2012-12-14 20:20) 

DEBDYLAN

Zepparella、初めて聴きました。
イイっすね♪

by DEBDYLAN (2012-12-14 22:59) 

haku

Zepparella 知ってます~♪
音もなかなかしっかりしてますよね!
そして、テイラー・モンセン! いいですねぇ☆
by haku (2012-12-15 13:51) 

つむじかぜ

>Labyrinth様
一人でライブに行くには、相当な勇気が必要ですが...(-。−;)
by つむじかぜ (2012-12-17 01:01) 

つむじかぜ

>ぷーちゃん様
やはりZeppは、年代性別を超えてRockの神様ですね^^
by つむじかぜ (2012-12-17 01:04) 

つむじかぜ

>DEBDYLAN様
オンナZeppelin〜惚れました( ̄∇+ ̄)v
by つむじかぜ (2012-12-17 01:06) 

つむじかぜ

>haku様
流石、ご存知ですねぇ〜^^
モンセンは、ますます淫らになっております(⌒▽⌒;)
by つむじかぜ (2012-12-17 01:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。