So-net無料ブログ作成

『ジャッジ!』『トリック劇場版 ラストステージ』 [上映中飲食禁止じゃ!]

 
コメディ邦画を二作続けざまに鑑賞[目]
 
20130925ad02_1.jpg
 
 監督:永井聡
主演:妻夫木聡 北川景子
 
中身がB級ギャグでもキャスティングと演出次第で、洒落たコメディに変身する典型的な作品だ。
妻夫木+北川コンビ結成の時点で、低俗な作品に陥るのは免れた訳だが、最近、貪欲に芸風を拡げる伸び盛りの二人の俳優が見事に期待に応え、子供から大人まで愉しめるコメディの佳作を作り上げた。
 
05_px240.jpg
 
ちくわ」「きつねうどん」というジャパニーズ・フードが、この作品のキーワードだ。
サンタモニカで催されるCM世界大会を舞台に、外国人から見れば得体の知れないこの素晴しき食品が大好評。
そこに行き着くまでの過程が、伏線鮮やかにしてバカバカしいほど痛快爽快な演出なのである。
脇役陣も愉しい配役で、トヨエツのいい加減なCMプランナーは秀逸、荒川良々、リリー・フランキーはいつも通りの怪演、そしてその他のオカマ審査員を筆頭に過剰演技の外人俳優さん達[あせあせ(飛び散る汗)]これらの濃すぎる演出が、かえって登場人物達の個性を短時間の内に際立たせた。喜劇とは、決して主役の演技で決するものではなく(チャップリンは別格だが)、取り巻く面白人間達あってのものだ。
 
個人的には、北川景子みたいな仕事の出来るギャンブル狂オンナは好みのタイプであるが、彼女が妻夫木に思いを寄せていく契機となった事件が織り交ぜられたら、心情変化も強烈となり、完璧なラブ・コメディとなったであろう。
 
CM業界の裏事情を自虐的に風刺した痛快喜劇も、エンドロールの協賛企業名を見れば、観客達は最大のパロディにまんまとハマった事を理解する。エースコックとトヨタと博報堂の大勝利であ〜る[どんっ(衝撃)]
 
 
もう一本はいつもの奴[かわいい]
 
img0700577985799.jpg?_ex=700x700&s=2&r=1.gif
 
監督:堤幸彦
主演:仲間由紀恵 阿部寛
 
 
好い加減にせぇよ!」と思いつつ観てしまうのである。
 
今や主演の二人も、国内を代表する大俳優に仲間入りである。
14年前、当時売出し中の彼ら若手俳優の転機となった作品が、TV「トリック」シリーズだ。
脇役ばかりのアイドル系女優だった仲間は、この作品でコメディアンヌの才覚が花開き、後の「ごくせん」で大ブレイク、その後の活躍は知れる処である。一方の美男子俳優として活躍していた阿部は、既に名脇役の位置づけが固定していたが、この上田次郎役で芸風を拡げ、ピンを張れる演技力を実証し、お茶の間の顔となった。
 
要するに、「喜劇」とは名俳優への登竜門なのかもしれない。「観客を泣かせるより、笑わせる演技の方が難しい」は、よく耳にする言葉だが、前述の妻夫木+北川がチャレンジするのも理解できる。その意味で成功を収めたこの先輩喜劇コンビは、安心して観ていられる。
 
ストーリーは、劇的なはずの最終編には似合わないいつも通りの安直なモノだ。この「水戸黄門」的な展開が、このシリーズの特色であり、魅力でもあるのだ。堤幸彦の「ケイゾク」「トリック」「SPEC」と続く一連のヒット作の中で、「トリック」だけは西荻弓絵の脚本ではない。3作とも男女のコンビがスピリチュアルな事件に挑む設定は似ているが、「トリック」だけはホームドラマを観る様な軽い空気感が漂うのは、その為なのだ。
 
幼少期に親しんだ「ゲバゲバ90分」や「モンティパイソン」のナンセンス・ギャグやシュールな笑いが、同年代の堤氏のフィルターを通して、更にお下品にやりたい放題、禁じて無しが、トリック・シリーズなのである。ゆえに、また5年後に復活上映されても騙されたと思ってはいけない。トリックゆえに...
 
そして今シリーズの最大の功績は、何と云ってもこれだ[ひらめき]
 
trick-a1db7.jpg?d=a1.jpg
 
この言葉に、止めども無い愛情と尊厳を持って市民権を与えた事は、「微乳派」の小生にとっては革命的であり、稀代のテレビマン堤氏への讃辞を惜しまないのである。
 
デジタルハイビジョン時代にアップに耐えられるギリギリの瀬戸際で頑張る仲間由紀恵。ラストシーンで、テレビ放送第一回の映像が流れ、二十歳の彼女の初々しい笑顔に14年の歳月の流れを感じざるを得なかったが、小生は断然、現在の彼女に魅力を感じる。女性の色気は厄年過ぎてから、が持論のつむじ風であります。
 
 
今後の更なる飛躍が望まれる二人の女優の「オンナ」への進化を見守っていきたい[ハートたち(複数ハート)]
 
20080419003211.jpg
 
interview_08_01.jpg
 
 
1269056569572.jpg
 
 
201131710411398.jpg
 
 
◎おまけ
 
両作とも挿入音楽が印象深い[るんるん][るんるん][るんるん]
 
「ジャッジ!」挿入歌
『アイデンティティ』 by サカナクション
 
 
 
 
 「トリック」と云えばこの曲を置いて他に無い[exclamation×2]
『月光』 By 鬼束ちひろ
 
 
 (やはり、この人は天才歌姫[exclamation]最近、恐ろしくイメチェンしてしまったようだが...)
 
 

nice!(27)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 27

コメント 8

末尾ルコ(アルベール)

北川景子は、その生きる姿勢から素晴らしい。

                          RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2014-01-30 07:49) 

coco030705

北川景子ちゃんも仲間由紀恵ちゃんも、サラッサラの長髪が美しい美人女優さんですね☆
by coco030705 (2014-01-30 10:43) 

つむじかぜ

> 末尾ルコ(アルベール)様
同意! 若手女優も見習って欲しい美しい佇まいです( ̄∇+ ̄)
by つむじかぜ (2014-01-31 00:09) 

つむじかぜ

> coco030705 様
ブロンド好きの小生ですが、アジアンビューティーは黒髪に限ります!
by つむじかぜ (2014-01-31 00:11) 

DEBDYLAN

僕も微乳派です!!
あと仲間由紀恵も好みなんだよなぁ^^。

by DEBDYLAN (2014-02-01 00:03) 

つむじかぜ

> DEBDYLAN 様
おお〜微乳派連合!!!
飽くなき探訪をお互い続けましょう( ̄ー+ ̄)
by つむじかぜ (2014-02-01 01:52) 

non_0101

こんにちは。
2作品とも楽しかったですね~
主役だけでなく周りがとても面白くて笑ってしまいました(^^ゞ
女優さん二人、こうして見ると本当に大人になりましたね~
まだまだ活躍して欲しい女優さんたちですね☆
by non_0101 (2014-02-02 12:05) 

つむじかぜ

> non_0101 様
これからが二人の本当の女優の魅力の見せ場ですね!
by つむじかぜ (2014-02-04 03:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。